スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上記事の更新がないブログに表示されます。
新しい記事を書くことで、こちらの広告の表示を消すことができます。  

Posted by ミリタリーブログ  at 

2008年10月11日

第2回 科学化 戦闘競演 大會

去る週末韓国では陸軍が主催する 科化競演大會が ありました

去年に引き続き今年二番目競技が開かれました.

すべて参加人員は 336人でゲーマー以外に一般参加者たちとお休みを使った現役軍人 .新婚夫婦.アプガニスタンで勤務中の韓国人 PMC まで多様な階層の人々が集まったんですが約 80%はゲーマーたちだったと考えられます.

使った装備は実際に現在韓国軍で使用中の MILES マイルズ装備と本当の小銃に空砲弾を使いました.

1人当り支給された空砲弾は総 100発ほどで競技では不足だと感じるほどでした.

毎回競技をしながら感じることはサバイバルゲームとは比較にならないというのです.

射撃の時感じられる火薬のにおいと競技中の肉体的 緊張感は 競技に 参加した人だけ分かります.


開會式 参加者 336人



参加者の中には女性たちも見えます.


競技で使う K-2小銃を受領するために待機中の参加者達.

競技で使う K-2小銃


現役軍人に小銃を引き継ぎ受けている参加者


支払ってもらった小銃の確認の後小銃に点検中の参加者達


空砲弾を使えば彈煙がたくさん生じて作動不良が発生することができます. そうだから油塗り
は必須です.


競技 準備が終わって 記念写真 撮影した 本人


競技 直前 フォックスホールで射撃準備


掩護射撃中の女性参加者


掩蔽物後から射撃準備中

敵陣地で突撃直前に煙幕弾が投擲



いよいよ敵陣地で突撃を手始め

しかし惜しくも 敵の正確な射撃に死亡


競技終了の後の筆者





空砲弾を射撃中の K-2 小銃




  


Posted by recondo  at 04:50Comments(2)